その後|蓄膿症と慢性副鼻腔炎の症状を自分で治す

2019年1月3日

「蓄膿症、慢性副鼻腔炎の症状を自分で治す」を実行したらなんでこうなったん!?  やったーーー! ^^/

その後-1「鼻の中は綺麗です」|蓄膿手術!?蓄膿症と慢性副鼻腔炎

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)で大変なことがありました

☆検索エンジンやたまたまこのページ来られた方へ
このページは筆者が蓄膿症|慢性副鼻腔炎の改善のためにあれこれと試したことを綴ったページです。もし、ご興味がございましたら 「公開動機」のページをお読みいただけると分かりやすいと思います。
とうとう蓄膿症の手術!? 大変な事がありました・・・。
何ヶ月ぶり!?か分からない更新です。忘れる事もありますが点鼻をつづけて気がつくと2年?程度になるようです。 4~5日前からまた頭が痛くなり風邪かな?と思っていたらやたら鼻と眉間と鼻の周り全体が痛くなり筆者にとっては 顔全体と言いたいくらいの痛さです。 薬も入りません。 完全に鼻が詰まると薬が入りません。横になったら鼻からこぼれてきます。おいおい!今まで続けてきたのにこれで振り出しか?と思いがっかりしました。

蓄膿症の特長ともいうべき、くち呼吸

慢性副鼻腔炎、蓄膿症の特長ともいうべき、くち呼吸がひどくなり また、また、眠れなくなりました。 この時の落胆は大きかったです。もうとにかく鼻が痛い!痛い! 鼻が中から膨れ上がっている感じがします。 自分で治そうと自力治療を始めましたが前の状態よりも悪いかも知れません。ハナをかんでもぜんぜん出ません。顔が膨れ上がるようです。(以前と同じ症状です)

「これは あかん!」「絶対に あかん 手術や!!」「手術してもらおう」と心に決めて依然お世話になった耳鼻科に行きました。(何回目の事か --;) どうしよう完全閉鎖です!!。 約2年ぶりくらいかな!?に行って見ると 相変わらずの込み具合でした。 患者さん多いなあ・・・ でも 少ないよりは 不思議と安心できました。 名前が呼ばれ診察室に入ると「こちらへどうぞ」 また、ドキ!ドキ!ドキ!高まる鼓動です。 とうとう手術しなさいといわれるかぁ~・・・・・入院はやっぱりいややなぁ~・・・ このようなことが 頭の中を渦巻いている状態で診察椅子に座りました。

先生がマスクをはずされる真剣だ

鼻の中は慢性副鼻腔炎のポリープでいっぱいで「わァー」といわれて 「病院を紹介します」といわれる あ~ぁ・・・  やっぱり手術はいややなあ・・・
と思っていると先生が 「はーい 見せてくださーい」無言!!・・・ いつもどおりペンチのようなもので鼻を広げ覗き込まれている。 しばらく観ている????????? 無言!無言!無言・・・ 長い・・・、いつもなら すぐにゴムホースのようなものでハナをすいとってくれるのになぁ・・・ どうしたんやろう???・・・

「こっちみせてくださ~い(反対側)」無言・・・・・・・ ドキッ!ドキッ!ドキッ!ドキッ!ドキッ!ドキッ!無言が続く・・・・・・ 長い・・・長い・・・ 先生が真剣な面持ちで 器具を置かれた・・・無言・・・ ドキッ! ドキッ! ドキッ!・・・
(・・・おーッ! せ!、先生が マ!、マスクをはずされる真剣だ!いったい何を言われるんやろう・・・)

スポンサードリンク

Posted by arys