その後|蓄膿症と慢性副鼻腔炎の症状を自分で治す

2019年2月28日

蓄膿症、慢性副鼻腔炎による「ポリープは無いですよ」!!先生笑顔!!!

その後-2|鼻の中綺麗です|蓄膿症と慢性副鼻腔炎

鼻の中綺麗ですよ

先生 ニコッ!(笑顔)! いったいどうしたんやろう!???・・・・
先生 「鼻の中綺麗ですよ」
えええ!!!??? 今も鼻 こんなに痛いのに それに頭も痛い! そんなはずは 絶対にない! 先生の笑顔が 大きくなった・・・・ その後先生から びっくりする事を言われた 「ポリープも無いですよ」(笑顔)
またもや えええええ!!!!!ーーーー→です。
あッ!、焦りました!
先生:「念のためにレントゲンを撮らせていただきます」
撮影後診察は続く・・・。

鼻の中 大変きれいですよ

心の中で 「せ!せ!せ 先生、鼻めちゃくちゃ詰まってますねんけど」 「そ、それに 痛みが・・・」 「あのう~僕、慢性副鼻腔炎なんですけど・・・」と思っていたら 先生の話が続く・・・ 「両方の鼻の中 大変きれいですよ」
なんでこんなに綺麗なんかな?(腕を組まれての先生の独り言) でも凄く嬉しそうです???。
あのね  アレルギー性鼻炎を起こしてます よ これは すぐに直ると思います。 と言われながら 何度か診てくださいました。 それにしても うれしそうでした。 きっと 先生の思われていたような結果だったのだと思っています。

自分はアトピーと分かってはいましたがアレルギーのことは考えても見ませんでした。アトピーとは奇妙という意味があります。アレルギーは免疫力の過剰反応といわれています。アトピーの為に余計に強いアレルギー反応を起こしていたのではないかと思います。(あてずっぽうですがそう推理してみました)

レントゲン写真を持って来られた

筆者が座っていると 看護士の方がレントゲン写真を持って来られて先生がおもむろにレントゲン写真の一枚を明るいところ?反射して見えるところへ レントゲン写真の上側を挟み込むようにして、見入られました そして動かれないんです。 どれくらいの時間かは分かりませんがずいぶん長く感じてしまいました。

スポンサードリンク

Posted by arys