耳鼻科を受診|慢性副鼻腔炎と蓄膿症で鼻が痛い

2019年1月3日

こちらの先生は筆者の蓄膿症のことを事細やかに説明してもらえて同時に気が楽になりました。

耳鼻科受診-3|蓄膿症で喘息!?

喘息というものは 喘息という全く別の病気という認識でいた

この先生すごい! はじめて かゆいところに手が届いた。。。 この病院を探してくれた妻に感謝!。
今まで、自分の調べた結果ですが、喘息というものは 喘息という全く別の病気という認識でいたし、匂いがないのは 鼻が悪いのではなくて 匂いを伝える器官?か、匂いの情報を受け取る 脳のどこかが悪いのでは?また、仕事が原因なら 転職も考えねばと思ったりで 悶々とした日々が続いていたのです。

それと妻に紹介されたこの病院に行ったら どのように説明して自分の症状を分かってもらおうかとあれこれ算段していたのですが いい意味で みごとに裏切られました。本当に うれしかったです。

代表的な重症蓄膿症の患者だった

”” 
(↓診察が続く↓)
・・・・・今から内視鏡を入れます。 ほらこれがポリープです。(内視鏡が入ってすぐのところ、はじめて見た!)どんどん中へ入っていく。
リアルタイムで 画面に鼻の中が映し出されます。 看護士さんたちも 見入っていました。

写真撮らせてもらいますね。どうやら 学会で  6ヶ月後の状態との違いを勉強されるらしいです。 なかなかない 代表的な重症蓄膿症の患者だそうです。(複雑な気持ち・・・)

その後 レントゲンでも確認しましたが 両ほほ、眉間、鼻、白くて何も見えてませんでした。その写真を見て 先生 やっぱりなー・・・・・

「あのね ○○さん もうポリープがそこに見えてますよ」鼻の両穴をよく見るとポリープがピンセットで取り出せそうなところに 見えているのです。 生理的に 取り出したくなる位置です。(引っぱり出したい!)・・・・・

体内への侵入を防ぐために咳が出る

それと 喉の奥にもポリープが下りてきているそうです。
(↓ここからの喘息の説明に気が楽になりました↓)
喉のポリープは 大きいので このポリープの細菌やウイルスの雑菌、鼻汁などが寝ている間に下りてきて喉にたまり、これらが体内へ侵入、これを防ぐために咳が出る。
これが喘息と同じだそうです。 それは 激しい咳です。器官が細くなるのか 息をするのにゼーゼー音がし力(ちから)がいります。
(喘息をお持ちの方 一度、耳鼻科を受診される事をおすすめいたします) 
これで 匂いがない事 鼻の違和感の事 喘息の事 どうすればいいのかすべてが解決しました。
匂いのない事の説明がまだでしたね。
■原因はポリープが膨れて匂いのセンサーをふさいでいるからだそうです。
■鼻の違和感は 副鼻腔内にある沢山のポリープによるものだそうです。
原因が分かっただけで治療の先は長いのに心は晴ればれです。

眉間の周りをきれいにするとの事

”” 
治療は まだ続き 今から 眉間の周りをきれいにするとの事です。何をするのかな?。 ドキッ! ドキッ!
おお、 なにやら出てきたぞ 肌色というかゴム色?というか 長さにして20センチ位かな?その長さの半分くらいが細くなっている。細くなっている部分かなりやわらかそうです。この長さのものを鼻に入れるんかいな!? たぶんそうやろうなあ、眉間まで届きそうやもん・・・  ドキッ! ドキッ! 

スポンサードリンク

Posted by arys