耳鼻科を受診|慢性副鼻腔炎と蓄膿症で鼻が痛い

2019年1月3日

長い金属の棒のような物を鼻に入れられたのは一瞬のできごとでした。怖かったけど痛くなかった・・・。

耳鼻科受診-4|慢性副鼻腔炎、蓄膿症の状態説明

先生は慣れた手つきですぐさま近づいてくる!

”” 
何年かぶりの耳鼻科受診から⇒ この長さのものを鼻に入れるんかいな!? たぶんそうやろうなあ、眉間まで届きそうやもん・・・ ドキッ! ドキッ!

先生は慣れられた手つきで持たれ すぐさま近づいてくる!
思わず 後ろに頭がいったが ここも後ろについたてがあったぁ!先生は 頭の停止を確認したかと思うと あっという間に、いや正確にはあっという間もなかった!「い、痛くない」 「よ、よかった!」すぐさまシュルシュルと言うような音とともに眉間が軽くなっていくのを感じました。

今までは 眉間の辺りは違和感が無いように思っていましたが 鼻の違和感のほうが強くて眉間の事は分からなかったのかも知れません。これが大変気持ちがよかった。例えが変かも知れないが耳掃除の感じかな?両方を吸い取ってもらい、それはそれは息、晴ればれでした。

このような診察、治療は一度も無かった 痒いところに手がとどく

今まで何件も耳鼻科に行きましたが このような治療は一度も無かった。 説明も無かった。これでは患者さんはいつでも不安です。不安を減らすと回復も早いのではと考えますが・・・、どうなんでしょうか?

ここからが またうれしい!
鼻の中も眉間のところも すっきり!したところで 先生が頭蓋骨(ずがいこつ)の模型を持たれて 説明をされはじめた。 その模型は 必要な部分で開いたり外れたりして 分かりやすくなってる。 模型のこの部分が写真のここです。ここが、ここです。これが、これです。極めつけは、この部分がこのように詰まってます・・・・・・・・・・

詳しい説明が続く途中からは 筆者は先生の顔ばかり見てしまいました。 なんかかっこよく、筆者が言うのもなんですが人として大きく大きくみえて、奥行きも高さも感じました。という事で 自分の顔のこの部分は 「今こうなってる」が わかるようになりました。 この先生すばらしいと思いませんか?

待合室に戻る頃には もう鼻はすっきり

”” 
診察が終わると 2週間分の薬を出しておきます。用法はきちんと守ってください。アルコールは控えて、早ね早起きを心がけてください。といわれました。 あと あれをおこなって 待合室へ行ってくださいとのこと それは 二穴ある 装置を鼻に入れて 蒸気のようなものが出る機会です。 5分くらいかな?「ピーッ」という音ともに終わりました。 待合室に戻る頃には もう鼻はすっきりです。 来た時と帰るときで これだけ違うものかと思いました。 首周り 肩まわりが なんか楽な気がする。。。 ^-^/

耳鼻科受診|薬と点鼻薬

抗生物質と何かの3種類の薬と点鼻薬をもらった

”” 
待合室に しばらく座っていると 名前が呼ばれました。
受付へ行くと「こちらが抗生物質です。 こちらが???です。 こちらが・・・です」 と言われて 抗生物質と何かの3種類の薬と点鼻薬をもらい張り切って外へ出た。
鼻の通りがよい! 周りを吹き抜ける風が 鼻の中まで入ってくるようにさえ思えた。。。 まだ、匂いは無いが 爽快だ!!。
ということで薬は2週間分ある。用法を守り 治るように飲み続けようと決めた。(守るぞ)
点鼻薬は一日一回、・・・次の診察日が楽しみである。。。

鼻の中を洗って、眉間部分の中を綺麗にして

2週間が過ぎて2回目の診察日です。 鼻の中を洗って、眉間部分の中を綺麗にしてもらって 何か シュシュとしてもらって、後、5分間の水蒸気のようなものを吸い込む・・・時間にして15分くらいである。 やっぱり爽快です!。気持ちがいい。

(2回目の治療)
今回の治療は 挨拶程度で先生からの会話は無い。しかし マスクの上に見える「目」 は 真剣そのものです。目が輝いている。先生の真剣さが伝わり 筆者も治るようにきちんと教えを守らねばと 改めて思った。

匂いだ!! 匂いがある!!

”” 
2回目の治療が終わり、次も2週間後です。3回目の治療に期待は膨らみます。こんな感じで6ヶ月間にわたる治療がはじまった。
そして ついにその日は来た!、「あれ!?」なに!? どしたん(大阪弁=どうしたの)!? これは!! これは た!確かに 「匂いだ!!」 「匂いがある!!」。 何年ぶりの匂いだろうか かるく5年は匂いらしきものは 感じたことが無い。懐かし~い匂いである。
気がつくとそこら辺を嗅ぎまわっていて変な目で見られていました。笑

スポンサードリンク

Posted by arys