試してよかった事|蓄膿症・慢性副鼻腔炎の症状を自分で治す

2019年1月3日

結果は効果があったといえます。 筆者にとって目標であった 「鼻が通る」これが持続できています。

試して良かった事-5|鼻呼吸はいい|蓄膿症・慢性副鼻腔炎の症状

「鼻が通る」が持続できています

■ まとめ・・・
結果としては 効果があったといえます。 筆者にとって目標であった 「鼻が通る」これが持続できています。 昨年の今頃は 鼻は完璧に詰まっていましたので、それにくらべると 今は楽です。やっぱり鼻呼吸はいいものです。 ^^

経過についてまとめてみると
【体 力】
体力をもつというのがかなり大事なのではと思います。体力をもつ蓄えるということは疲れないように早ね早起きをするということにもなります。疲労にも慣れてしまうことがあるので慢性疲労にも注意してください。
体のメッセージにも耳をかたむけましょう。

【暖かいところ】
この暖かいところも鼻には関係が深い気がします。なぜかは分かりませんが。ふり返ってみると 鼻の調子がいいときは 殆どが 暖かいところか、体が運動などにより温かくなっているときでした。お風呂もそうです。 季節的も冬よりは夏のほうが調子のいい時が多いです。このことから冬場には体を冷やさないようにすることが大切なのではないでしょうか。寒い冬を暖かくすごしましょう。

今までやってきて 体力と温度の二つがあがってきました。
この二つをうまくコントロールすると 副鼻腔炎と付き合っていけるような気がしてきました。 このことが6ヶ月続けた結果になりそうです。

※筆者のように完全に鼻が詰まって くち呼吸の症状が続いていた者にとって普通に近いくらい鼻が通ったということには満足しています。

しかし、症状のかるい方は 試されても効果は無いのではと思います。また、呼吸は楽ですが匂いなどは弱く 副鼻腔炎が治ったわけではございません。 試される場合は 自己責任ということで くれぐれもご注意ください。異常を感じた場合は直ちにお医者様を受診なさって下さい。お大事に。。。

スポンサードリンク

Posted by arys